童話屋

<童話屋・創業40周年記念出版>
~「これは!」のよろこび
 心をグイっと摑まれるうたや言葉がある
  「これは!」が人を生かす力にもなる   ― 工藤直子

あの「折々のうた」(大岡信・著)が帰ってきた――
「折々のうた」は、大岡信が1979年1月25日から2007年3月31日にかけて、
『朝日新聞』朝刊1面に連載したコラムです。
詩歌の国・日本の千年の歴史を物語る、現代の万葉集、足かけ29年の著作、実に6,762編の中から、
春・夏・秋・冬それぞれ68編を選びぬき、全4巻にまとめました。

●企画者「折々のうたを読み伝える会」の一同は、
 みな大岡さんの「折々のうた」ファンであり、読者であり、友人です。
 「折々のうたを読み伝える会」
   谷川俊太郎(詩人)/山田馨(元岩波書店編集者)
   中村謙(元朝日新聞記者)/田中和雄(童話屋編集者)
 装幀 安野光雅

●解説執筆も、名だたる「折々のうた」ファンが担当します。
夏編...解説・工藤直子

この書籍についてのニュース

ページトップ