童話屋

画家であり版画家の、ほてさん(ほてはまたかしさん)は、くどうなおこさんの大の仲よしです。
「のはらうた」に惚れこんで、のはらみんなの版画を彫りつづけています。
1987年より毎年、12枚の版画で仕上げる「のはらうたカレンダー」がうまれ、その版画が5年分たまるごとに、1冊の本になって生まれたのが「版画 のはらうた」シリーズです。

第1巻には、初期の「のはらうた」が多数収録されています。
はじめに出てくるのはかぜみつるの「『し』をかくひ」。
こねずみしゅんや、かまきりりゅうじの代表作もおさめられました。
絵で見る「のはらうた」をお楽しみください。
ページトップ