童話屋

きみのいのちは 
40億年前に生まれた
たった一つの細胞から始まった。
いのちは進化して
木や草やライオンや象になった。
ムカデやタコにならず、
きみは まっすぐ人間の道をたどって
いま そこにいる。
それは すごいことだ。まさに奇跡なのだ。
........
童話屋のたなかかずお。
動物となかよしな絵本作家・あべ弘士。
二人がタッグを組んで作った一大叙事詩が、たのしいポケット詩絵本になりました。
ビッグバンからコンピューター文明に至る、壮大な宇宙と人間の歴史をひもときます。

この書籍についてのニュース

  • 【第23回 日本絵本賞・読者賞 候補作品】

     日本絵本賞・読者賞部門にノミネートされた本書。前代未聞、著者びっくり!

    読んで気に入ったくださった読者の皆さんの一票をお待ちしています♪
     投票はこちら
    (受付期間:2018年2月28日まで)
ページトップ