童話屋

詩人・石垣りん(1920~2004)の新しい詩文庫サイズ・詞華集です。

石垣りんは、早くより東京・丸の内で銀行勤めのかたわら詩を書き、一家六人の家族の暮らしを支え、
太平洋戦争の頃には多感な二十代を過ごしました。
そういった生活苦さえも詩作の糧にしてしまうしたたかさを発揮して、
「表札」など文学史にのこる名詩を生んだのです。

世の中を鋭く観察した詩や反戦詩は、今生きる私たちに勇気を与え、また反省を促します。

童話屋の詩文庫にはかつて『空をかついで』『レモンとねずみ』(品切)といったロングセラーがありましたが、
2020年に生誕100年を迎え、今回これらに代わる待望の決定版が完成しました。

【収録詩】
「表札」「雪崩のとき」「挨拶」「崖」「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」
「レモンとねずみ」「空をかついで」
...ほか、厳選の全29篇
ページトップ