童話屋

みんななかよし りんらんろん
みんななかよし りんらんろん
マリー・コールマン 文
フェオドール・ロジャンコフスキー 絵
みらいなな 訳
A4変型・32頁
定価(本体 1,500円+税)
ISBN978-4-88747-030-9
楽天ブックスで購入する
Amazonで購入する
元気いっぱいの男の子シガルーが、山の牧場に向かうと、犬たちが大声でほえて、山の犬に知らせます。
「シガルーが そっちへいくよ」

山のみんなはシガルーが大好き。シクラメンも大きな岩も、蜜蜂も、森も牧場も氷の山も、みんなです。
それは、シガルーがみんなを好きだからです。

きいちごの木はシガルーに甘い実をさしだします。帽子を忘れたシガルーに、風が帽子をとどけます。
毒蛇にかまれそうになると、石ころがシガルーを助けます。

そうして山の牧場に着いたシガルーを、鈴をつけた牛や山羊や羊がとりかこみます。
シガルーのうれしそうな顔。

山や川や森や空、それにたくさんの生きものたちは、みな人間と仲よしです。
人間の方で彼らを好きになれば、自然はそれ以上に人間を好いてくれるのです。
ページトップ