童話屋

子どもは、ある日、コトンと音をたてて大人になります。かと思うと、まるでレンガが積みあがるように、少しずつ成長します。

シャーロットの鋭い目は、子どもの微細な成長を見逃しません。この絵本でシャーロットは、ティモシーという男の子が、兄さんの足手まといから抜けだして、ちょっぴり大人になる瞬間を、みごとに絵本にしました。

いつもまとわりついてくるティモシーが見えないので、兄さんが家中をさがすと、なんとティモシーは新しくできた友だちと遊んでいて、兄さんを見ても、素気ないのです。そして、友だちを、礼儀正しく兄さんに紹介します。

「この子、ぼくのともだちなんだ。ジェイクっていうんだよ」

どんな子どもも、きっとこういう日を迎えるはずです。
ページトップ