童話屋

いっしょってうれしいな
いっしょってうれしいな
シャーロット・ゾロトウ 文
カレン・ギュンダシャイマー 絵
みらいなな 訳
16.5×16.5cm・32頁
定価(本体 1,200円+税)
ISBN978-4-924684-60-7
楽天ブックスで購入する
Amazonで購入する
この地球上でいのちは、たった一人では生きていません。いつも何かと一緒、だれかと一緒です。

初めにでてくるのは、小さな男の子のぼく。ぼくは母さんと一緒に、本を読んでもらっています。

うれしいな ぼくのうち
かあさんと いっしょ
はとも いっしょ

男の子のぼくは、庭で水まきをします。草や花は水をもらって嬉しそうです。時計は時を刻みます。

はなは まいにち じぶんでさいて とけいは チクタク いまをさす

ぼくは母さんに、花をあげます。母さんがいるから、花をとるのが嬉しいし、ぼくがいるから、母さんも幸せ。

うれしいな あおいそら
かあさんが いっしょ
ひかりといっしょ
ページトップ