童話屋

いまがたのしいもん
いまがたのしいもん
シャーロット・ゾロトウ 文
エリック・ブレグヴァド 絵
みらいなな 訳
B5・32頁 品切・重版未定
定価(本体 1,200円+税)
ISBN978-4-924684-61-4
楽天ブックスで購入する
ちいさな女の子が母さんから「大きくなったら、どんな人になるのかしら」と聞かれます。女の子は、「大きくなんかならならないで、今のまんまがいいわ」と答えました。

子どもは常に、今、ここ、を生きています。大人だってほんとは、今、ここ、で生きているのに、つい、昨日や明日のことを考えて、くよくよしたり、悩んだりします。

原題は「I LIKE TO BE LITTLE」。そのまま訳せば、「ちいさいままでいたい」あるいは「ちいさいままが好き」となります。みらいさんの訳は「いまがたのしいもん」。

原作者のシャーロットと電話でのやりとりの末、このタイトルでOKがでました。「この女の子は今楽しいからこそ、今のままがいいと思ったのよ。『いまがたのしいもん』(I AM HAPPY NOW)というタイトルのほうが、だんぜんいいわ」
ページトップ