童話屋

主人公は、少年の「ぼく」です。

ある日のこと、「たしかに ぼくは ここにいるんだけど そのぼくは ぼくじゃないみたいなんだ」と思います。
そうなるとじぶんの部屋の壁紙もこどもっぽく見えるし、ともだちが来ても、ビー玉遊びなんかしたくない。
「また遊ぶ?」と聞かれても「たぶん遊ばない」とそっけない。部屋のおもちゃももういらない。
それまで面白いと思わなかったことに興味がでてきて、図書館で調べてみたくなる。
おもちゃをぜんぶ箱の中にしまうと、なんだかさっぱりして
「ぼくは いま ここに いる 
 ぼくは― 
 あたらしい ぼくなんだ」 と思います。

子どもが自己実現に向かって成長する一つの段階、「ぼくは ぼくじゃないみたい」な体験を、鮮やかに描き切った傑作。
ページトップ