童話屋

文字のない物語絵本で、絵の細部を追っていくだけで自然と物語が生まれてきます。
安野絵本の真骨頂を示す、品格の高い傑作です。

はじめの頁に荷車を引くおじいさんと、それを押すおばあさんがでてきます。城門には時計があって、朝の5時を指しています。
この風景のヒントは、1957年のフランス映画ルネ・クレール監督「リラの門」の一場面にあります。

次の頁からは、蚤の市の始まりです。ローソク売りや古い大工道具売り、旧式のカメラやタイプライターを売る屋台が並びます。
野菜と果物の店も軒を連ねています。
頁をめくっていくと、蒸気機関車を丸ごと一台と、古い帽子や十字架なんかも並んでいます。
古い道路標識、古い楽器や農具がずらり。中には、入れ歯なんかを並べる店もあります(探してみてください)。
古本屋、古時計屋、古家具屋・・・、もう目がまわりそう。

夕暮れには、朝やってきたおじいさんとおばあさんが、かわりに買い入れたものを積んで帰っていきます。
城門の時計の針は夜の7時25分。

最後のページには、この本を買った日を書くスペースがあって、安野さんの茶目っ気たっぷりのメッセージつきです。

「この本もいつかは古くなります。何十年もたって、この本がもう一度見てもらえる日を待っています。
 もしかしたら、この本が、蚤の市に出るかもしれませんからね。」
ページトップ